歴史を知る

白人女性顔パーツ

人の印象の良し悪しを決定付ける上で、顔の印象は非常に重要だと言えます。特に顔の中でも目の印象は大変重要であり、目力があるとその人の魅力を非常に高めてくれます。そのため一重瞼で腫れぼったい目をしている人はコンプレックスを抱えやすく、二重瞼の印象的な目にしたいと考える人が多いのです。そのため二重まぶたの手術を受けようと連日美容整形外科に訪れる人が多いのも紛れもない事実です。二重まぶたの手術は美容整形外科でも最も人気であり、自分の印象を劇的に変える最も簡単な方法として多くの人が手術を受けるのです。かつてはメスを用いて瞼に切り込みを入れ二重瞼をつくる切開法という手術が主流でした。しかし切開法はまぶたにメスで切り込みを入れることから腫れたり出血したり、赤みが取れないなどの後遺症も見られることがありました。

しかし最近ではプチ整形で簡単に二重瞼を作ることが可能になっています。メスを用いない手術であり、気軽に受けることができることからプチ整形と言われるようになっています。二重まぶたのプチ整形では埋没法が主流になっているのです。医療用の針と糸を用い、瞼の裏側から糸でまぶたを引っ張り、食い込みを作ることで二重瞼を実現します。切開法とは違い埋没法はほとんど出血などもみられません。また埋没法はものの10分程度で手術が完了し、その日から化粧や洗顔も問題なく行えるのが魅力なのです。埋没法によって、理想の目元にすることが出来ます。人によって理想の目元は違うので、埋没法を行なう前に、きちんとカウンセリングのときに相談しましょう。最近ではビジネスや就職活動で顔の印象を良くし有利に繋げたいとする男性も増え、男性も今後積極的に埋没法の手術を受けることが予想されます。