薬を飲んで生理痛を改善させよう|おすすめの有効成分をチェック

適切に選ぶことが大切

薬

成分を見て選択しよう

生理痛の不快感を市販薬を使用して緩和させている方はたくさんいらっしゃいます。ただ、生理痛を緩和させる市販薬にもいろいろな種類があるので、薬の選択に頭を悩まされることもあるでしょう。服用しても効き目が薄かったり、効果が出るまでに時間がかかったりするといったお悩みを持っている方は、薬の成分に注目して選ぶことをおすすめします。薬の選び方次第で、症状が大幅に改善されることもあります。市販されている生理痛の薬には、アスピリンのほかイブプロフェンやイソプロピルアンチピリンなどの成分が含まれています。成分によって効果の出方が変わってくるので、特徴をしっかり把握しておくと良いでしょう。アスピリンは幅広い痛みに作用してくれる鎮痛成分ですが、生理痛には中程度の鎮痛作用を発揮します。重くもなく軽くもなく平均的な症状をお持ちの方におすすめの成分と言えます。そしてイブプロフェンは、生理痛に特化した薬に使用されることが多いポピュラーな成分です。子宮へ作用しやすい特徴を持っているため、生理痛の薬としての安心感があります。突然の痛みにも対応できるよう、生理痛の常備薬として携帯していくことをおすすめします。そして、比較的重い症状で悩んでいる方におすすめなのが、イソプロピルアンチピリン配合の製品です。この成分が配合されている薬は複数ありますが、それぞれ別の鎮痛成分が複合されています。高い鎮痛効果が期待できるため、重い生理痛に悩んでいる方は、イソプロピルアンチピリンの成分表示を目印にして探してみると良いでしょう。

Copyright© 2017 薬を飲んで生理痛を改善させよう|おすすめの有効成分をチェック All Rights Reserved.